注文住宅の相場は?

image

立地や敷地面積によって相場が異なる


注文住宅の相場は、建物のデザインだけでなく、立地や敷地面積によって大きく異なりますが、都市部であれば三千万円から五千万円ほどの住宅が多くあります。特に、駅前やビジネス街の近くにある一等地に注文住宅を建てたい場合には、土地の購入費用が高額になる傾向があります。そこで、土地選びと並行して余裕を持って資金計画を立てることが肝心です。また、二世帯住宅などの規模の大きな注文住宅については、ある程度の敷地面積が必要となるため、早いうちに各地のハウスメーカーや不動産会社と交渉を始めることが大切です。なお、注文住宅のおおよその費用を把握するために、日頃から各地の信頼できる業者に見積もりを出してもらったり、住宅展示会などに参加をして専門のスタッフに売れ筋の住宅の価格を教えてもらったりすると良いでしょう。

木材やデザインにこだわる場合には購入費用が高くなる


注文住宅を購入する目的は人それぞれですが、生涯にわたり住み続けることができる住宅を建てたい場合には、木材の種類やデザインにこだわって住宅の設計をすることが重要です。例えば、耐久性の良い天然の木材を使用したり、外壁の塗装に工夫をしたりする場合には、分譲住宅と比べて費用が高くなりやすいため、ハウスメーカーや工務店に見積もりを出してもらうことが大事です。また、三階建て以上の注文住宅を建てるには、地域によって五千万円を超える費用が掛かることも珍しくありません。そこで、予算に合う注文住宅を選ぶうえで、早いうちから注文住宅の施工例の多い業者のホームページやカタログに目を通して必要な情報を集めておきましょう。

一戸建てとは、一つの建物内に複数の世帯が入居する集合住宅とは違い、一つの世帯のみが入居する家屋のことを指します。戸建てとも呼ばれます。