注文住宅のメリット

image

マイホームを買うなら注文住宅?


マイホームを持つなら、ゼロから自分たちで作り上げる注文住宅に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。 一戸建ての住宅を考える際に、建売住宅ではなく、注文住宅を選ぶことのメリットとは何なのでしょうか。 注文住宅とは土地を自前で用意して、オーダーメイドで建てる一軒家のことです。そのため建売住宅と異なり、土地探しも施工会社探しも同時に行なっていく必要があります。 また建売住宅の場合には、ハウスメーカーやディベロッパーが複数用意した家のパターンの中から選んで作ってもらうことが一般的です。しかし注文住宅の場合には、依頼者の希望に沿って設計からスタートしていくため、家づくりのための打ち合わせを行うことから始めます。

注文住宅を選ぶことのメリットは


注文住宅を選ぶことのメリットは何と言ってもその自由度です。
あらかじめ施工会社に用意されたパターン化された家とは違い、自分たちの希望に沿ってどのような住宅でも企画・設計していくことが可能です。ただし、所有している土地の形や用途地域、建ぺい率などの決まりによって、どのような家が建てられるかが変わってきます。
土地を購入する前に、どのような家を建てたいかきちんと話し合い、希望通りの家を建てることのできる土地なのかどうかを確認した上での購入が望ましいでしょう。

また、建売住宅の場合には完成していれば購入するだけなので、購入を検討してから住み始めるまでの期間を短縮できることをメリットに感じる人もいるかもしれません。
ただ、もし建売住宅を複数見学しているのにもかかわらず、なかなか希望の家に出会えないというケースもあります。その場合、最初から注文住宅も検討しておいた方が、スムーズに進む場合もあるのです。

分譲住宅とは複数の住宅を建設し、分割して販売するものです。分譲は正式な名称である分割譲渡の略で、正式なものより略語のほうが有名になっています。