少しでも安く!費用を抑えるポイントは?

image

建物をシンプルな形にする


注文住宅を作る時に夢を追うがために予算をオーバーしてしまうことはよくあることです。注文住宅を少しでも安くする方法としては、家をシンプルな形にするということが挙げられます。例えば、屋根。屋根には寄棟や切妻、片流れなどがあります。このうち、寄棟は棟が多くなるので部材と施工費が膨らむのです。屋根全体をシンプルな形にすることにより予算は30万円ほどダウンさせることが可能です。建物の形自体もシンプルな長方形にして、外壁量が多くなる凸凹を減らすだけで、約40万円ほどのコストダウンが実現できます。また、フェンスや門扉を設けないだけでも約95万円のコストダウンが実現できます。可能な限りシンプルな形にしてコストダウンを目指しましょう。

内装設備でも節約しよう


注文住宅を設計するにあたって、窓の数を減らすか、サイズを小さくするだけでも約14万円のコストダウンが実現できます。また、家の価格は坪単価により設定されていますので、床面積を減らすだけでも最大170万円程度のコストダウンに成功している事例もあります。また、バルコニーは小さくするのが良いでしょう。バルコニーを大きくとると補強が必要となりコストアップにつながってしまいます。なお、細かなところでは余計な壁を設けないことや、階段を仕切らずにリビング内に設けるだけでも約10万円のコストダウンに成功している事例もあります。キッチンについては吊り戸棚を省いて棚を造作すると10万円程度安くなることもあります。収納については、各部屋に設けるのではなく、一箇所にまとめると安くなります。

新築一戸建ては、自分の希望通りの間取りやインテリアなどが実現できますが、実現した後の家族の生活設計もしっかり立てておくことも重要です。