注文住宅のデメリットと注意点

注文住宅は費用の総額が分かりにくい!

注文住宅は、間取りや仕様を自分で決めることができます。自分の希望通りに建てられる反面、建売住宅やマンションを購入するのに比べて費用の総額が分かりにくいです。建売住宅やマンションはすでに完成しているので、購入にかかる費用は決まっています。注文住宅は契約時点で設計図しかなく大まかな間取りが決まっているだけのことが多いので、最終的な費用の総額が予定より高くなる傾向があります。もちろん、契約前に見積もりを出してもらえますが、細かい仕様を決める段階になるとさまざまなオプションが魅力的に見えるものです。予算オーバーを避けるためには、契約後に増えるオプション費用をあらかじめ考慮して予算を決めておきましょう。

なんでも自分で決められる注文住宅だからこその注意点

注文住宅は、間取りや設備、内装などを可能な限り自分で決めることができます。自分の好きなように選べるところは注文住宅を建てる醍醐味ともいえますが、注意も必要です。基本的に、建売住宅やマンションなどはその物件を購入するかしないかが重要かつ唯一の検討事項です。細かい仕様や設備などははじめから決まっていて選択肢がないので、悩む必要もありません。注文住宅では細部まで自分で決められるため、完成後にイメージと違うと自分の選択を後悔してしまうおそれがあります。十分検討する時間が取れるようにできる限りスケジュールを調整しておくと、そのような事態を防ぐことが可能です。契約前後から着工までに仕様を固めることが多いので、仕事の繁忙期とかぶらないようにするなど工夫しましょう。

注文住宅の相場

注文住宅の相場は?

注文住宅の相場は、建物のデザインだけでなく、立地や敷地面積によって大きく異なりますが、都市部であれば三千万円から五千万円ほどの住宅が多くあります。特に、駅前やビジネス街の近くにある一等地に注文住宅…

Learn Now

どんな費用がある?注文住宅の総費用の内訳

注文住宅を購入する際はなるべく価格を抑えたいと思うのが一般的ですが、その際に地域別の土地相場を把握しておく事が重要です。更に、土地だけでなく、建築相場も地域ごとで若干差があります。建設費で最も高い…

Learn Now

少しでも安く!費用を抑えるポイントは?

注文住宅を作る時に夢を追うがために予算をオーバーしてしまうことはよくあることです。注文住宅を少しでも安くする方法としては、家をシンプルな形にするということが挙げられます。例えば、屋根。屋根には寄棟…

Learn Now